名古屋の医学部予備校に通うなら個別指導型がおすすめ

丁寧な指導を受けることができる名古屋の医学部予備校を選ぼう

効率的な学習のための医学部予備校選び

男性

医学部受験の効率的な学習法では、予備校選びが重要です。個別指導スタイルの塾を選ぶメリットを見てみましょう。

医学部予備校における個別指導のメリットとは

名古屋にもある個別指導対応の医学部予備校を選ぶ何よりのメリットは、お子さまの学習習熟度やレベルに合わせて丁寧な指導を受けられることです。集団指導でも成績順にクラス分けする方式をとりますが、科目別の成績に違いは出ます。苦手科目で授業についていけないとつまずいてしまうケースもあり、全てのお子さまにマッチする方式とは言えません。授業選択の柔軟性も個別指導の魅力で、苦手科目にあてる時間を増やして底上げをするなど調整ができます。医学部では、癖がある出題形式も多く個別対応が重要ですが、志望校に合わせた問題演習にあてる時間もとれて安心です。過去問演習や模擬試験を通して、実践的な学習が出来ます。集団授業と違って、体調不良で予備校をお休みしてしまった場合のフォローのお願いできます。授業が先に進んでしまう心配はなく、お子さまのペースにあわせて効率的に対策できるのも魅力でしょう。

個別指導で医学部に合格した人の声

苦手な分野を徹底的に勉強できました

化学が苦手で足を引っ張っていましたが、個別指導で徹底的に対策してもらって得意分野と言えるまでに成長しました。試験当日も満点近い点数でクリアでき、合格を支える科目となりました。基礎が分かっていなかったから苦手意識を持っていただけで、ポイントが分かれば点数を稼げます。先生達がいなかったら大学合格は難しかったので、本当に感謝しています。熱心に指導してくださった先生がいたからチャンスをつかむことができました。

同じ先生が自分の進捗具合に応じて対応してくれる

集団指導塾に行っても思うように成績があがらなかった私が、個別指導をはじめてから変わりました。同じ先生がずっと面倒見てくれるので、モチベーションを維持できます。テストが返ってくるたび「ここは覚えている?」「先月一緒にやった内容の応用だけど」など進捗具合に合わせて教え方を工夫してくれるので、苦手分野を中心に見直す癖もつきます。模試の結果もE判定からB判定にうなぎ上り、念願だった名古屋の国立医学部合格を勝ち取りました。

効率的に勉強が進みました!

マンツーマン方式で勉強すると分からないところをすぐに聞けて、効率的に学習できます。他の学習法では苦手意識を払拭できなかった科目も、今では得意分野です。自宅で問題演習に取り組み、先生と一緒に答え合わせをするスタイルにしたので、医学部合格に必要な演習量もカバーできます。出題形式に慣れていけばテストが得意になるので、医学部試験も不安なく対処できました。最終的に5校に合格、第一志望だった学校への切符を掴みました。

保護者の声も聞いてみましょう

息子を個別指導塾に入れたのは高校2年のときのことです。思うようにテストの点数が伸びず、学校から「志望校を変えたほうがいい」と言われていました。とは言え医学部入学は本人の小さな頃からの夢で、気落ちする息子に何と声をかけていいのか分からない状況でした。最後の手段と、個別指導スタイルの塾へ入れた次第です。塾に入ってからというもの、みるみるうちに成績が上がっていきます。模試の判定もE→C、C→Bと回数を重ねるごとに上がりました。何より学習に取り組む姿勢の変化が印象的で「絶対に合格する」と自分に言い聞かせるように言い続け、熱心に学習に取り組む息子の姿に驚きました。生徒に寄り添った指導法が子供の心を動かし、モチベーション向上につながった結果かと思っています。 医学部予備校で個別指導スタイルを選ぶメリットはたくさんあり、子供の性格に合うと受験を後押しする糧になります。

個別指導以外の学習法

医学部予備校の個別指導スタイルにはメリットがたくさんありますが、頭に入れておきたい短所もあります。短所を理解したうえで選択しないと、後悔が残る結果となります。集団指導と比較した場合のリスクやデメリットを知り、学習法選びに役立てましょう。

個別指導のデメリット

学習できる場所が限られている
浪人生を対象としたカリキュラムは朝から夜まで一日中授業が詰まっていて、自分のペースで勉強したいお子さまには不向きです。一人一人の学習進度に合わせた効果的なカリキュラムになっていますが、窮屈に感じることがあります。基本的には塾内で勉強することになり、学習環境は制限されます。決まったタスクを着実にこなしていくのが得意なお子さまに適した学習法と言えるでしょう。
高額の費用がかかる
医学部専門個別指導塾の授業料は高額になりがちで、授業料負担がネックとなります。苦手科目の集中対策などオプションを申し込むとさらに費用がかさむ結果になって、学費に制限があるご家庭だと負担に感じるリスクがあります。医学部予備校の個別指導スタイルを検討する場合は、総額でどのくらいコストを見込めばいいのかよくヒアリングしたうえで、余裕を持った資金繰りを進めましょう。

その他の学習法を紹介

少人数指導
名古屋の医学部専門予備校によく見られるシステムで、少人数のまとまったクラスを作り学習を進めていきます。集団指導のように数10人ものクラスに入ることはなく、10名以下など少人数でクラスを作って生徒を管理していきます。クラスの中で一定の競争原理が働くためモチベーション向上につながり、集団指導のよりきめ細やかなサポートを期待できるところがメリットです。
集団指導
習熟度や志望校にあわせたクラス編成で生徒を区分し、学習にあたるスタイルです。クラスに1人ずつ担任講師が付き、志望校のアドバイスや学習をサポートする予備校もあります。他の受験生と集団で学習を進めることで競争心が芽生えてモチベーションが上がりますが、プレッシャーを感じやすいお子さまには不向きです。生徒一人一人に対するサポート時間も少なくなるため、きめ細やかなサポートをお願いしたい親御さんから不安の声も上がっています。
TOPボタン