名古屋の医学部予備校選びの特徴と選び方をマスターしよう

丁寧な指導を受けることができる名古屋の医学部予備校を選ぼう

なぜ医学部予備校が良いのか~通常の予備校との違い~

男の人

通常の予備校より高額費用となりやすい医学部専門予備校ですが、どんなメリットがあるのでしょう。他の予備校との違いや特徴を見ていきます。

医学部予備校の特徴

医学部受験に特化した講師陣が在籍している
名古屋の医学部予備校には、学校ごとの出題形式や問われやすいポイントを熟知した講師陣がそろっています。重視したいポイントやマストでおさえたい基礎知識をまとめたテキストを使いながら、医学部受験に特化して効率的な授業を進めていきます。予備校の善し悪しは講師の質に左右されるもので、医学部に強い講師をそろえているところは大きな強みと言えるでしょう。苦手分野が見つかれば問題演習などの時間を増やして、学力向上を目指していきます。
徹底した二次試験対策
医学部試験はペーパー試験で完結するものではなく、面接や小論文など学校独自の二次試験を設けてお子さまの適正を見ていきます。学校ごとに異なる出題形式を理解してノウハウを蓄積している予備校なら、志望校に合わせた的確な指導を期待できます。時事ニュースなど医学部の小論文で出題されやすい話題は、ホームルームで取り上げたり掲示板に貼り出したりして基礎知識をフォローします。きめ細やかな対策を行なうことで自信を持って当日を迎えることができ合格をしっかりサポートしていきます。
医学部受験に関する膨大な情報網がある
医学部受験は情報量がものを言う世界で、信頼度が高い情報をどれだけ入手できたかが、試験結果を左右します。過去の受験生や大学サイドから得た情報を蓄積している予備校だから、試験対策の精度に違いが出ます。過去の試験問題を分析してキャッチした出題傾向、難易度などから一人一人に合わせてサポートをしていくので、いい結果が出やすくなります。推薦入試や面接の内容までフォローできている予備校を選ぶと事前に対策できるので安心です。

医学部受験は一般的な大学入試と異なるところも多く、ノウハウ豊富な予備校に入ると安心です。合格実績などを参考に、後悔しない予備校選びを進めてください。

人気の高い医学部予備校の特徴とは

名古屋にある人気の医学部予備校にはどんな特徴があるのでしょう。予備校選びで気をつけたいポイントや注意点を見ていきます。

評価の高い予備校に共通する3つのポイント

指導力の高さ
予備校の本科生は講師を選択できないシステムが多く、予備校全体の授業力をチェックします。分かりやすさや問題演習の量、先生の性格などを体験授業でつかみ、相性が良い予備校に決めましょう。声が小さい講師がいたり暗い雰囲気の授業だったりしたら他の予備校を検討、お子さまが楽しく前向きに学習できる環境選びを意識します。担当予定の講師が分かっている場合には録画授業などを受けておくと、入学後のギャップが少なくなります。講師との相性が学習のモチベーション維持につながるので、授業力や学習の進め方は重要視したいポイントです。
対応力の高さ
分からないところをそのまま放置してしまうと弱点になりやすく、予備校の質問対応力を見極めましょう。少しつまずいた部分をすぐに相談できて丁寧に指導してくれる予備校なら、安心して通学できます。講師以外に大学生のチューターがいるシステムもあり、簡単な質問対応をお願いできます。ちょっとした質問はチューターさん、勉強法や解答テクニックなど、ポイントになる質問はプロの講師と使い分けできると安心です。お子さまの性格によっては自分から質問に行けないこともあるので、講師との距離感をチェックします。予備校への通学時に声をかけてくれたり質問タイムを作ったりして、雰囲気作りを意識している予備校を選びましょう。
学習環境の良さ
授業以外の時間を自主的な学習に充てる浪人生にとっては、自習室の環境も重要です。集中して学習できるよう設備が充実していたり騒ぐ生徒がいたら注意する講師がいたり、環境管理を徹底している予備校を選びましょう。現役生と教室が同じだと視線が気になったりストレスを感じたりするケースもあるので、クラスに応じたスペースの工夫も考慮します。また、試験直前になると早朝から深夜まで予備校で学習したいと考えるお子さまもいるため、自習室開放時間も重要です。自宅からのアクセスや送り迎えの利便性も合わせて確認すると、親御さんの不安も軽減されるでしょう。

浪人生に朗報!~スカラシップ制度を申請する~

医学部予備校というと学費がネックになりますが、優秀な学生を集めるために授業料減額システムを取り入れている予備校もあります。学校によって支給要件や内容は変わってきますが、学費負担を軽減することで学習機会を与え、予備校の合格実績を高めるための工夫です。参考までに、主要医学部予備校のスカラシップ制度の概要と支給条件について見てみましょう。

予備校で異なるスカラシップ制度の内訳

A社のケース
予備校に入った後に一定の試験があって、成績上位者に対して授業料を返還します。予備校に入るときの成績で決まるわけではなく、その後のテスト結果で決まるところが特徴的です。成績の善し悪しで授業料全額免除になったり数万円のみ返還されたり、特典内容が変わってきます。
B社のケース
受験校や出身校、模擬試験などいろいろな情報を加味して、特待生にふさわしいと判断されると授業料が減額されます。5万円免除から30%免除、50%免除、80%免除など段階別に設定することで幅広い浪人生をサポート。成績優秀者の負担を軽減して学習に専念できる環境作りを進めています。
C社のケース
全予備校生の1%程度にスカラシップ制度が適用され、5万円もしくはそれ以上の授業料を免除します。比較的適用条件を高く設定することで、浪人生の不公平感を和らげる工夫です。スカラシップ前提で入校を希望するなら、詳細条件を確認しましょう。

成績次第で予備校費用負担が軽減されると考えると、学習のモチベーションにつながります。医学部予備校選びをするときの一つの視点として頭の片隅に置いておきましょう。  

TOPボタン